MENU
アーカイブ
記事を探す
プロフィール
HAN
25歳のブロガー。ドゥカティSS939乗り。

バイクギアのレビューを中心に、グルメやバイクの維持費を発信していく個人ブログです。

今年81歳になるカメラマンと共にブログを運営中!

夏こそ革パンの出番です!

皆さん、こんにちは!

毎朝、セミの鳴き声に起こされるはんです。

夏もいよいよ本番になり、かなり暑くなってきました。

バイクに乗りたいけどこの時期、特に辛いのが排気熱。

想像するだけで出かけるのが億劫になりますよね~。

かと言って短パンを履くわけにもいかないし・・・

こんな時期だからこそ「革パンツ」を履くのはどうでしょう??

「えっ!真夏にあんな黒いテカテカのやつ着るの!?」

そう思った方もいるでしょう。

実は革パンを履くことによって、この熱さを軽減することができます。

革パン履いてバイク乗ったことない人からすれば、「熱さを我慢する苦行」にしか見えないと思います。

そのあたりも私の実体験を踏まえてお話します。

目次

ほんとに熱さを軽減できるのか?

間違いなく軽減できます。

ドゥカティを納車したての頃は、普段着みたいな格好で乗ってました。

乗ってる最中もずーっと熱かったです。

ニーグリップが大事だと教習所で言われますが、熱すぎて定期的に膝を開かないと乗ってられないぐらいでした。

およそ300kmほどのツーリングを終えて帰って、内股を見たら……

なんと内股が真っ赤に焼けてました💦

ちょっと赤くなるレベルじゃないですよ?

日焼けしたときと同じぐらい赤くなります。

さすがに今年の夏も同じ苦行はしたくないので、夏本番になる前に買いに行きました。

ちなみに買ったのがこれ☟

クシタニ エクスプローラージーンズ
ジーンズのように見えますが、実は革なんです!

今年の7月だけでもツーリングは4回ほど行っています。

4回とも革パンを履いてのツーリングでしたが、普通のジーンズより全然マシでした。

帰って内股を確認したところ、赤くなってない!

革パンツってすごいんだな~と感じました!

クシタニのエクスプローラージーンズについては下記の記事で解説をしております。

よろしければそちらも合わせてご一読ください。

実は他にもメリットが…

熱さがマシになりますよーって書きましたが、履いてて意外な発見もありました。

ニーグリップが非常にしやすくなりました。

通常のジーンズだと表面がツルツルしているので、滑って姿勢が安定しにくい部分がありました。

その点、革パンは滑りにくくなっているので、ニーグリップしやすかった印象があります。

あと長時間、乗車していても疲れにくいなと感じました。

革はファブリック系の製品と比べても厚みがあります。

その厚みがクッションの役割を果たして、お尻の痛みを軽減してくれてるんだろうなって思いました。

革パンは熱さを軽減できると書きましたが…

誤解のないように書いておきますが、革パンは「熱さを軽減できる」のであって、「涼しく」はなりません。

革パンは基本的に風を一切通さないので、ジメっとした暑さはあります。

なので、私は革パンの下に冷感インナーを履いて、汗を吸ってくれるように対策をしています。

革パンに汗を染み込ませたら、後々手入れも大変になります💦

あと走り方にもよると思います。

渋滞にハマってしまったら、どんなパンツを履いていても熱いと思います。

実際、革パンで渋滞にハマったこともありましたが、暑くてたまりませんでした。

適度に発進したり停車したりする場合には、心強い装備となること間違いなしです。

まとめ

季節に関係なく乗られる方は1着は持っておいて損はないと思います。

革パンツを新品で購入すると約30,000円~なので、手を出しにくいかもしれません。

本格的に乗るわけじゃなく「試しに履いてみたい!」という感じであれば、中古品でも十分事足りると思います。

また革パンは強度が高く、生地が裂けにくいので事故から身を守ってくれます。

それに年月を重ねるとヴィンテージ感のある風合いになるので、そこを楽しむことができるのも革パンツの魅力です。

目次