MENU
アーカイブ
記事を探す
プロフィール
HAN
25歳のブロガー。ドゥカティSS939乗り。

バイクギアのレビューを中心に、グルメやバイクの維持費を発信していく個人ブログです。

今年81歳になるカメラマンと共にブログを運営中!

ダイネーゼのグローブって高いけどどうなん??

皆さん、こんにちは!

今日はダイネーゼのグローブについて解説していこうと思います。

ところで、ダイネーゼはご存知でしょうか??

ダイネーゼはイタリアに本社を置く会社です。

主にモーターサイクル用ですが、実はスノーボード用品なんかも作っていたりします。

ダイネーゼと言えばこのロゴが特徴的ですね。

「デビルマーク」と呼ばれています。

個人的にはカッコよくて好みです。

バイク用のジャケットと言うと、どうしてもロゴがゴテゴテに入っているような感じがするのですが、ダイネーゼの製品は一味違います。

イタリア発祥ということもあって、デザインがとても洗練されています。

ロゴが主張しすぎず、落ち着いた色使いなので、どんな世代でも着やすいと感じました。

あんまりカラフルなデザインは好きじゃない…という方はぜひ一度見てほしいです。

しかしダイネーゼの製品はどれをとっても値段が高い!!!

最初、なんでこんなに高いんだ??って思いました。

例えば私が使っているレザーグローブ☟

37,400円します。

「グローブでそんなにするの!?」

そう思う方はたくさんいらっしゃるでしょう。

いくら何でも高すぎじゃない?

確かに値段だけを見ればとても高いです。

でも高いなりの理由はあります。

何がそんなにいいのか??

レザーだが実はそんなに硬くない

レザーのグローブって硬いイメージがありますが、そんなことは全く感じさせないぐらいでした。

グローブを付けるときも、”スッ…”と入りました。

はめにくいなど、装脱着時の不快感ももちろんありませんでした。

握りやすい

もとから握るような形状になっているので、アクセルグリップが非常に握りやすいです。

指先が突っ張るようなこともありませんでした。

逆にパー✋はやりにくいですが、パーにするような動作はしないですよね(笑)

安心度が桁違い

ほかのグローブと違って、手の甲にスチール製のプレートが付いています。

また骨折しやすい小指にもプロテクターが付いています。

手のひらすべてを鎧で覆うかのごとく、守りは完璧にしてくれています。

ツーリングには少しもったいないぐらいかもしれません。

でも手を怪我してしまうと、ほぼ何もできなくなってしまうので、私は買って良かったなと思っています。

ただしデメリットもあり

メンテナンスが面倒くさい

雨の日や素手でグローブをはめて使ってしまうとだんだん匂ってきます。

革製品は基本的に洗濯できないので、より気を遣う必要があります。

使用後は必ず送風機で風通しをよくしておきましょう。

タッチパネル非対応のものが多い

特にダイネーゼのレザーグローブはほとんどそうです。

指先でスマホを触っても反応しません。

もともとサーキット用に作られているので、仕方ないっちゃ仕方ないですね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「高いな~」と感じた方が多いと思います。

でもバイク乗りの怪我を最大限に減らすように作られた製品だなと感じました。

サーキット走行を想定して作られているみたいなので、ツーリングでは少し大袈裟かもしれません。

ですが何かあってからでは遅いので、安全・安心を買う意味でもいい製品であることは間違いないのだと思います。

今日はこの辺りで終わりたいと思います。

それでは👋